カテゴリ:風景( 15 )

2009年 08月 09日
筑波山
どうも天気がはっきりしない日曜日。
ホントは今週末、日光白根山に登ろうと思ってた。
週間天気予報では週末は天気いいっていってたけど、
週末になったら予報が変わった。
それでは・・というものでもないけれども、春にユースホステル跡地から
登って以来、筑波高原キャンプ場からのルートで登ってみたいと思って
いた筑波山に。

筑波高原キャンプ場はダートを少し走るのでディグリーで。
自転車を積んで車で行ってユースホステル跡地に自転車をデポして、
キャンプ場ルート→ユース跡地のルートにしようかと思ったけどそれは
また次回に。
今回はピストンだ。

筑波高原キャンプ場から上がっていくと、しばらくはコバノギボウシの花が
たくさん咲いている。
写真、撮ったつもりだったけど・・・ぼけてました。残念。

オカトラノオはそろそろ終盤か
d0144548_18212993.jpg



ヒヨドリソウはまだちょっと早い
d0144548_1822375.jpg



遠くから見ると筑波の峰に雲がかかっていたけど、登山道はすごい湿度でガスってる
d0144548_18242298.jpg



クモの巣も小さな水滴がたくさんだ
d0144548_1825762.jpg




気温はそうでもないけど、なにせ湿度がすごくって、まとわりつくようだ。

アカジコウ?
イグチ科のキノコだけど、同定できず
d0144548_18272869.jpg




いや~体力ないな~ホントに。
とちょっとイヤになった頃に、上の方から人のがやがやする声。
もうすぐ山頂部分らしい。

もうちょっと・・と思ったら、ホトトギス!
わ~ラッキー♪
d0144548_18302635.jpg




そして女体山山頂へ
d0144548_1831335.jpg



d0144548_1832527.jpg



d0144548_18323428.jpg




登りは1時間5分もかかってしまった。
下りは写真も撮らず、足も止めず、どりゃ~っと下って30分。
最後のころは、膝がちょっとガクガクしました。笑

持って行った冷たい麦茶がおいしかった!

ところでこの登山道で会った人は一人だけ。
山頂にあれだけ人がいたのはやはり表筑波からの人なのでしょうかね。

しかし、もう少し体力をつけたい所。
これじゃ、生き物としてイカンですよね~。

そうそう、帰り、筑波高原キャンプ場の駐車場でアサギマダラを見ました。
てか、その時はアサギマダラとは分からず、な~んかきれいなチョウが
ふわふわと飛んでるな~と思って葉っぱにとまる所をしげしげと眺めて
いました。
帰って調べてみると、これがアサギマダラか!とちょっと感動。
写真撮っとけばよかったな。

アサギマダラは、渡りをするチョウとして有名ですね。
台湾の方まで2000kmも旅をするのもいるらしいです。
[PR]

by 92thunderbird | 2009-08-09 18:46 | 風景
2009年 07月 05日
菅沼→金精
ピン甘のアカハラの前に森の様子などを。

ツルアジサイ 霧雨が降っていた中なので鮮明ではありませんが。
後ろはナナカマドかな。
d0144548_21332668.jpg



何の木だったか。コケがきれいでした。
d0144548_21315085.jpg



倒木のコケとシラビソ。
こんなところにコマドリがのってくれるといいですね。
そんなにうまくはいかないのですけど。
d0144548_2132535.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-07-05 21:38 | 風景
2009年 06月 11日
奥日光
もう一週間ほど前になるだろうか。
鳥を求めて日光に行った。
戦場ガ原のキビタキ、小田代ガ原のノビタキ、湯ノ湖のコルリ、
切込湖・刈込湖手前のコマドリ。
どれを狙うかは着いてから考えよう。
でも一番会いやすいのはノビタキかな、とか思いながら。

結局、選んだのはなんだか一番会いにくそうなコマドリ。
コマドリは亜高山の笹藪のようなところにいるらしい。
英名はJapanese Robin。
ロビンちゃんというと「がんばれ!!ロボコン」に出てきたロビンちゃんを
思い出しちゃうアラフォーな私。

まあ、笹藪に隠れてなかなか姿をみられない鳥、ロビンちゃん。
オレンジ色のロビンちゃん。
鳴き声はネットで何度も聞いて頭に置いといた。

湯元温泉街にはズミが咲き誇っていた。
撮れば良かった。

湯元温泉の源泉部分より切込湖 ・刈込湖に向かうトレッキングコースへ。

ちなみに切込湖 ・刈込湖とは
三岳-みつだけ-(1945m)の北側にある湖で、三岳の溶岩流が沢をせき止めてできた
せき止め湖。

コース図もプリントしたが、持って行くのを忘れてしまった。笑
良く分らないままとにかくずんずん進む。
ところどころに道標があるので迷うことはない。
鳥の声はたくさん。
カラ類が多いようだ。
でもなかなか姿を見ることはできない。

キクイタダキ?
羽の模様がそれっぽいけど、とても同定できず。
d0144548_22381144.jpg



トレッキングコースのピークは1600m台で湯元からいくとしばらく登ってR120を
横切り少し平坦となりその後また登りだ。
1600mなんていうと、ちょっと尻込みしちゃうけど、湯元自体が1400m。笑

とはいえ、貧脚な私には十分なコース。
コースの所々に雪が残る。
しばらくいくとヒンカラカラのコマドリの声。
全然姿は見えず。
そしてさらに進み、刈込湖の手前まで来ると観光協会のマップにあるように確かに
コマドリの声がたくさん。
でも全然姿は見えず。
だいたいにして結構暗いし。
それと、ルリビタキもいた。
これも地鳴きと囀りの声だけ。
なるほど、夏時期にはルリビタキに会うのは結構難しいのだな。
冬は本当に幸せなんだなとしみじみ思った。
この奥日光のルリビタキはどこら辺まで南下して越冬するのだろう。
逆に私が冬に会ったルリビタキはどこの山に帰ったのだろう。

そんなこんなで刈込湖に到着。
コースタイムは観光協会では刈込湖まで1時間とあるけど、3時間近くかかっている。
鳥も探していたけど、だいたいにして歩くのが遅いのだ。笑
(確か湯元の道標に刈込湖まで2.3だか2.5kmだかと書いてあった)
d0144548_2255064.jpg



刈込湖でしばらく粘った後、また同じ道を引き返す。
今思えば抜けて光徳まで行けば良かったな。
引き返した道でコマドリの声を頼りに探し粘る。
鳴き交わすコマドリ。
でも姿は見えず。

でも、そんなもんだよねと車に戻り帰路につく。
戦場ガ原を車で通りながら、ノビタキいくか?とも思うけど、コマドリが撮れなかったから
ノビタキという感じになるのもなんだかノビタキに失礼なような気がしてスルー。
コマドリもコルリもノビタキもまたのお楽しみだ。

冬鳥の撮りやすさと夏鳥の撮りにくさを感じた鳥行だった。
[PR]

by 92thunderbird | 2009-06-11 22:55 | 風景
2009年 04月 13日
ニホンアマガエル
4月より新任のカエル先生です。
えへん。静かに。
d0144548_2065094.jpg



カエル先生、指をエンガチョにしないで下さい。
私の手はそんなに汚くないと思いますよ?
d0144548_2075482.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-04-13 20:06 | 風景
2009年 04月 04日
キクザキイチゲ
茨城県北茨城市花園のキクザキイチゲ
d0144548_20173744.jpg



く~ピンが後ろに行っちゃった~
d0144548_20183031.jpg




****シジュウカラ営巣記録*****
今日は7時半~9時半位までの間しか観察できませんでしたが、
30分おき位に巣箱の木に雄が来てさえずっていました。
雌もこの間に2回ほど出入り。
[PR]

by 92thunderbird | 2009-04-04 20:20 | 風景
2009年 02月 19日
フクジュソウ
家のフクジュソウが咲きました。
ぼんぼんさんの影響で透け写真にtry!
d0144548_16111049.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-02-19 19:38 | 風景
2008年 10月 06日
秋ですね
秋は一番好きな季節です。

なんてね。春も同じ位好きですけど。

ちっちゃいヒマワリだったと思います。
枯れていると、ちょっとなんだかわかりませんね。

d0144548_21231463.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2008-10-06 21:24 | 風景
2008年 04月 23日
ノラ
愛いヤツじゃ♪
ちこうよれ。
((絶対寄らないの)
d0144548_045246.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2008-04-23 00:04 | 風景
2008年 04月 13日
アマガエル
カエルは逃げなくっていいなあ・・・しかも動かないし。
((いや、動くけどさ)
そう思った鳥撮りの合間の一枚。
ナンテンの葉っぱに乗っかっていたアマガエル。
最初は、半分以上目をつむっていたのだけど、
撮ってるうちに開いてきました。
起こしちゃったかな?
d0144548_0261890.jpg




今日は所用があって、隣の土浦市に行っていたのですが
そこでジョウビタキのメスを見ました。
まだいるんですね。
[PR]

by 92thunderbird | 2008-04-13 21:07 | 風景
2008年 03月 23日
シュンラン タチツボスミレ
日本産の野生ラン。
明るい雑木林などに生えています。
素朴でひっそりしていていいですね。
d0144548_16123959.jpg



とても色濃いタチツボスミレを見つけました。
(でも、こんなに青っぽくはなかったけど。写してみたら青ッ!)
こんもりとした株でたくさんの花数。
よっぽど、住み心地のよい所だったのでしょうね。
d0144548_21471410.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2008-03-23 19:41 | 風景