タグ:野鳥 ( 171 ) タグの人気記事

2014年 08月 13日
2014北海道
山登りに行った北海道でしたが、野付半島にも寄ってみました。
おもいがけず、ノゴマ、シマセンニュウ、カッコウなどが撮れました。
特にノゴマはいつかは撮影したいと思っていたのでとてもうれしいです。

まずはノゴマから
クリックすると大きくなります
d0144548_00362523.jpg
[PR]

by 92thunderbird | 2014-08-13 00:43
2009年 09月 06日
秋のノビタキ
北海道は釧路湿原のノビタキです。
もう換羽がすすんで真っ黒頭でなくなっています。
去年と同じポイントで撮影しましたがちょっと個体数が少ない印象。
でも、よく撮れました♪
d0144548_21192315.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-09-06 21:19 | ノビタキ
2009年 07月 25日
チュウサギ
それにしても暑いですね。
田んぼのチュウサギ、7月2日撮影のものです。
田んぼの青青しさでちょっと清涼感。
(でも、ほんとは田んぼは蒸し暑いですね)
d0144548_19554946.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-07-25 19:56 | サギ類
2009年 07月 20日
群馬県 菅沼→金精 ルリビタキ
やはりコマドリが撮りたい。

またまた奥日光へ。
奥日光の先は群馬県です。
菅沼の日光白根山登山口からちょっと日光よりに戻った所から入る登山道へ
今回も入りました。
前回は途中で引き返したから今度は金精神社のある登山道の分岐まで
行ってみたいと思いました。
そこは、温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)と日光白根山方面への分岐となっています。

標準的なコースタイムは45分。
でも、私はおおよそ4時間かけて歩きました。
鳥撮り恐るべし。笑

まあ、道に迷ってしまったこともありますけど。
とてもはっきりした登山道なので、普通は迷うことはないのでしょうけど・・
てか気づけと。笑

登った先、金精神社があるところは標高2024m。
とはいえ、登り始めが1700m台なので大した「登山」ではないのですが、そこに広がる
光景は、やはりすがすがしいものでした。

湯ノ湖と男体山かな?
d0144548_1955812.jpg



足元の笹に交じってクルマユリ。
d0144548_19464657.jpg




鳥はというと、コマドリは声だけ。
ルリビタキとはたくさん会えました。
あまり良く撮れませんでしたけど。笑

さっそくブレ写真ですが、懸命に鳴いているのがなんとも愛おしいので。
d0144548_1949092.jpg



ぜんぜん止まりませんでしたが、肉眼の残像のようで気に入ってます。
d0144548_19501922.jpg



今度はちょっと陽のあたる所なので、ヨシ。だけど、陽が強すぎる・・。
d0144548_19513378.jpg



雄は暗~い所ばかりでしたので、こんなのしか撮れませんでした。
これでISO400・・・・・。ん~。
d0144548_1953988.jpg




コマドリは来年に持ち越しですね。
残念。
この前、姿を見られたのは、本当にラッキーだったのかもしれません。


そして、この金精神社のある分岐からは金精峠の日光側にも降りられるのですが、
こちらに降りるとR120を通って戻らなくってはならなくなるので、また折り返します。

今度はコースタイムに挑戦だ!
下りなので標準コースタイムは30分です。
いや、戻りもコマドリを狙おうと思っていたのですが、あまりの暑さに鳥の声も少なく
なっていたのと、どれだけ私はアシが遅いのか?を知りたかったのです。

で、かなり頑張って歩きましたが、40分もかかりました。
ん~日光白根山にいつか登りたいと思っていますが、時間にかなり余裕が必要な感じ。

頑張ります!

今回、会えた鳥(撮れませんでしたが)
キクイタダキ、ヒガラ、キバシリ(初見です)
[PR]

by 92thunderbird | 2009-07-20 20:02 | ルリビタキ
2009年 07月 12日
またしてもオオヨシキリ
今度の方がよく撮れたかな?
でも、ピンが葦に行っちゃってるような。

d0144548_19555964.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-07-12 19:56
2009年 07月 09日
オオヨシキリ
さて、今度は一変して近くで撮影。
初撮りのオオヨシキリです。
目の前で葦にとまってギョシギョシと囀っていたのは残念ながら撮れなかった~。

色合いは地味ですが、なかなかかわいい顔をしてますね。
規模は小さい葦原でしたが、そこらじゅうでギョシギョシギョシとにぎやかでした。
d0144548_2102951.jpg



d0144548_2104232.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-07-09 02:12
2009年 07月 07日
アカハラ
亜高山のアカハラ。
ちょっと冬枯れの木にいるのとは違った雰囲気。
d0144548_20331553.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-07-07 20:33 | アカハラ
2009年 07月 05日
アカゲラ
アカゲラにしては大きかったような印象。
オオアカゲラ?とも思いましたが、羽の模様からするとやはりアカゲラですね。
頭の赤いところも後ろの方だけだし。
お腹を見せてくれればもっとはっきり分かるんですけど。

d0144548_1253963.jpg

[PR]

by 92thunderbird | 2009-07-05 01:25 | アカゲラ
2009年 07月 04日
ルリビタキ 雌
コマドリが見たい。
シャンパンバードな(なかなか見られないので、見られたらお祝いにシャンパンを抜く
ということらしい)コマドリ。
この前、奥日光の刈込湖に行きましたが、声のみ。
そして、刈込湖の手前の森は暗過ぎでした。

さんざん調べて、ん!金精だ!

関東以外の方は金精と言ってもピンとこないでしょうけど、奥日光から群馬の県境の
1700m位の高所ですがR120が通ってます。
日光白根山の登山口の一つにもなっています。
今回は金精の少し先の群馬側の菅沼から金精へのトレイルに入りました。
ちょっと入り口が分からなくって菅沼から日光白根山の登山道を登りかけましたけど。

いや、出来れば菅沼から日光白根山に登っちゃおうかとも思ってました。
コマドリもそうだけど、ホシガラス、カヤクグリ、イワヒバリに運が良ければ会えそうです。
鳥がダメでも、この時期シラネアオイが見られるかも。(ちょっと遅い?)
なんてね。

でも、起きられなかった。笑
しかも起きたらちょっと頭痛が。

なので、しんどくなさそうな菅沼~金精。

で、結果から言うと・・・シャンパンを抜かなくてはなりません。笑
見られました、コマドリ!

コマドリはとにかく声はすれども・・・なんですけど、しばらく声がしないなと思っていたら
薄暗い山道の岩の上を静かにぴょんぴょん歩いてました。
でも、残念ながら撮れず。
ほんと残念。
でも感動。
オレンジ色の美しい鳥でした。

それにしても、このルート、すごいルリビタキの数でした。
コマドリも濃い。

本日会えた鳥は、コガラ、ヒガラ、ルリビタキ(雄雌)、アカゲラ、アカハラ、コマドリ、ウソ。
(ウソの喉がすんごく赤くってびっくりしました)
そのうち何とか撮れたのは、ルリビタキとアカゲラとアカハラでした。
順にupしていきます。

d0144548_2071695.jpg



おそらくこの近くに巣があるんでしょう。
食べ物を口にくわえたまま、警戒の声をあげ私の周りを飛び回っていました。
2ショット撮って退散。笑
近くで青青とした雄もヒッ!ヒッ!と鳴いていました。
彼らの夏の生態を見て感じることができたことを嬉しく思います。
[PR]

by 92thunderbird | 2009-07-04 20:07 | ルリビタキ
2009年 06月 27日
またサンコウチョウ
再びというか三度行って来ました。
でも・・・残念なことに雄の長い尾羽が抜けちゃったみたいなのです。
通ってらっしゃる方によると、土曜はあったけど月曜日にはすでになかった
ということらしい。
確かに土曜はあったよね。
だって、私も先週の土曜に撮ったもの。

な~んで抜けちゃったんだろ??

この前は横構図で尾羽が切れちゃったんで、縦構図で構えて用意したのになあ。
d0144548_1535785.jpg



d0144548_15353840.jpg



こちらは雌
d0144548_15355726.jpg




今回は上の二枚がISO800なんですけど、気温が高かったせいかあまり良くないですね。
下の雌はISO200。
一分程度陽が差したので、あわてて感度を設定しました。
[PR]

by 92thunderbird | 2009-06-27 15:37 | サンコウチョウ